お釈迦様

お釈迦様の本音の部分が

梵天勧請に書かれている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

比 丘 た ち よ、 そ の 私 は 、 次 の よ う に 考 え た 「私 の さ とっ た こ の 法 は 甚深 で 、 見 が た く、理 解 しが た く、寂静 で 、勝 れ 、推 論 の 範 囲 を超 え、微 妙 で あ り、賢 者 の 知 る べ き もの で ある。

しか し、 こ の 人 々 は 、執 着 に よ っ て 楽 しみ 、執 着 に お い て 楽 しみ 、 執着 に お い て よ く喜 ん で い る。 執 着 に よっ て 楽 し み 、執 着 に お い て 楽 し み 、執 着 に お い て よ く喜 ん で い る人 々 に は 、 こ の 道 理 は 、す な わ ち こ れ を縁 とす る こ と、縁 起 は 兄 が た い 。 また こ の 道 理 も、す な わ ち、 すべ て の 行 の し

ず ま る こ と、すべ て の 執着 を捨 て 去 る こ と、渇 愛 の 消 滅 、 貪欲を離 れ る こ と、止 滅 、涅 槃 も、 ま た . 兄難 い 。だ か ら私 が 法 を 説 い た と し て も、他 の 人 々 が

 

私 の い うこ と を理 解 で き な け れ ば 、 そ れ は私 に 疲 労 と な る で あろ う し、 そ れ は 私 に 害 と なる で あ ろ う」 と 。比 丘 た ち よ、 さ ら に ま た 、私 が こ れ ま で に 聞 い た こ と の な い 、す ば ら しい 詩 句が 現 れ た の で あ る。

「わ た しが苦か ら得 た もの を、今 説 く必 要 が あ ろ うか 。

貪 り と憎 しみ に 敗 れ た 人 々 に 、 こ の 法 は よ く理 解 で きな い 。

流 れ に 逆 ら い 、微 妙 で あ り甚 深 で 見 が た く、微 細 で あ る もの を闇黒 に 覆 わ れ た 、貪 り に 染 ま る 人 々 は見 る こ とが で きな い 」 と。比 丘 た ち よ 、 こ の よ う に 熟慮 す る 私 は 、無 関心 とな り、心 は 説 法 に 向か わ な か っ た の で ある 。

                                         梵天勧請

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生まれつき奴隷に適した人間がいることは事実である。肉体が魂と異なるのと同様に、このような人間は普通の人間と異なり統治されることが定められた人間なのだ」

奴隷とは動物のようなものであり

生きる目的を持っていない。

それで主人と奴隷との間には友情など存在しないと考える。

                                             アリストテレス

過去の賢者達の意見は一致しているのである

人になろうとするか

畜生になろうとするか

これは個々人で判断するしかない事なのである。

奴隷vs賢者

圧倒的に数が多いのは

奴隷なのである。

道が「心」を扱うのは

同じ原因でも

結果が変わってしまうからなのである。

禍を転じて福と為す

禍福は糾える縄の如し

禍を避けて福はなく

福を欲せば禍と向き合わなければならない

道理に従う

いつでもニコニコ

道(タオ)という事である。

広告を非表示にする