日記

今日は包丁を新しくした。

と言っても100円ショップの包丁なんだが。だが、其れまで使っていた包丁も100円均一。

元々、それなりの包丁を持っていたのだが、当時、同棲していた女性がキレると(しかも、週一でキレる)包丁を持ち出すので捨てたののである。

だが、自炊の際に包丁は必須なので買った。

其れを10年以上使ったのだから、流石に切れない。もう、『単なる薄い鉄板』でしかなく、肉なんて全然、切れない。

野菜すら厳しいのでウンザリ。

包丁を買ったは良いが、その日の夕食はホンビノス貝の酒蒸し。包丁は使わず。

貝はまぁまぁだった。

--------------

明日の予定としては秋葉原に行く事、それと病院でカウンセリングである。

この『カウンセリング』に何の意味があるのか正直、サッパリ分からない。

「そうですかぁ〜!」

「そうですよねぇ〜!」

と共感してくれるだけで、「あのですね。共感とか求めてないので」と言いたくなる。だが、自分のADHDっぷりを考える時間、と割り切れば良いのだろうか。

どのみち、自立支援法だから俺の銭じゃない。

だが、明日は流石に「あの、共感とか求めてないので『こうしてみるのも如何ですか?』みたいな提案が欲しい」と言ってみよう・・・と思うのだが。

ただ、実際の処、無職なので社会との接点が余りない。

?GTAをやる

?楽器の練習をやる

?プールで泳ぐ

だけ。

楽器の練習と言っても、先日のグッドマンでの演奏が終わってから『次の予定』が皆無なのである。

ライブのオファーって、その人の『人徳』とか『人格』『性格』で決まる気がする。

結構、多いのが

『音楽は最低最悪』

『だけど、人柄は凄く良い』

って言うバンドとか、ソロとか。disろうにも、disれない処もあったりして、それもあって、そう云うバンドはライブが多い。

そう言う意味では『ジャパノイズ』の伊藤まくとかは

『音楽は最低』

『人柄も最低』

と言う事で貴重な存在なのかも知れない(ってか、ジャパノイズってまだやってんだろうか)。

病院からはコンサータと言う『緩い覚醒剤』が処方されている。

何故なのか分からないがADHDに『アッパー系』のクスリを処方すると、本来ならアッパーになるはずが

『落ち着いていしまう』

のである。だから、リラックス系の

『酒』

マリファナ

『安定系の処方箋』

があると、逆に落ち着かなくなる、と言うか、マリファナとかホンっと落ち着かなくて困る。

デンマークで強烈な奴を吸ったが、落ち着かないのに立ち上がれない、と言う妙な状態になった。

だが、『モード奏法』『下方倍音』と言う理論を身を持って知ったのはマリファナのお陰である(其れまでに「リズム、またはパルスさえ合えばコードや音列は無関係になるのではないか?もっと言えばパルスさえも合わなくても音楽として成立するのではないか?」と思っていたのだが)。

じゃあ、私がコンサータを服用しているか?と言えば全く呑んでない。家に余り捲くっていて、処理に困る。

友人とかにプレゼントすれば良いんだろうか。

「折角、来てくれたんだからコンサータでもキメる?」

とか言って。医者いわく12時間効くらしい。12時間も効いているとは思えないが。

鼻からスニッフってのも考えたが、コンサータは固いのでスニッフが不可能。

っつーか、スニッフしなきゃならん体質ではないしなぁ。

明日の予定

?秋葉原でゲームのコントローラーを買う(GTA4は買った)

?病院でカウンセリングと医師の診断を受ける

?恋人宅へ行く(カノジョは生理なのでSEX無し)

?時間があればTPの練習(ライブの予定もないのに練習する。無駄な努力の美しさ!!)

起きれれば、だが。

広告を非表示にする