夜いか釣行

先週末、

生まれて初めて釣りをしました。

大昔、友人の太刀魚釣りに付いて行ったときは、釣り竿を握らずじまい。

そんなド素人を誘ってくださる心優しき方とともに京都の宮津へ。天橋立のある街です。

出船予定時刻は午後5時。

イカメタルという、鉛スッテを使ったゲーム性の高い釣りです。

これならド素人でもきっと釣れるはず。

全長36フィートの小型漁船に乗り、予定時刻から1時間遅れの午後6時に港を出ました。

想像以上に揺れが大きく、油断すると海に投げ出されそうです。

船はぐんぐんと進み、1時間半後にようやくこの夜の漁場に到着。

どうやら若狭湾を北上し、京丹後あたりまで来たようです。

周囲には、煌と灯りを点けたイカ釣り漁船が点在しています。

夜の海は不気味。

口の尖ったダツという魚が、光に誘われするすると海面を横切ります。

果たして釣果はいかほどに。

釣りを始めて、10分くらいの間にスルメイカと剣先イカマイカをそれぞれ1杯ずつget。初めての感触。

これはビギナーズラックか!?と思いきや、その後2時間くらいはさっぱりで、剣先イカ1杯だけ。幸運は風と共に去りぬ

まあ、いいか。

他の方は、僕よりはるかにたくさん釣っていましたが、口に渋いと話していました。

漁船が小さいため波の影響を受けやすく、ぐらぐらと揺れる中での釣り。

初心者にとっては、いかにして体勢を維持するかが切実な問題。

というより、一緒に乗船していた上級者の方も、船酔いするくらいのコンディション。

皆さん、げっそりしていました。

力加減が分からずに釣り竿を握っていたので、最後には左腕の感覚もおかしくなっていました。

それくらい釣りに没頭していました。

そして日は変わり、翌日の午前1時頃に無事帰港。

剣先イカは長さ50センチくらい。

いかように調理するか相談の結果、とりあえずお刺身にして食べることに。

午前4時、妻とふたりで釣ったイカを喰らう。噛むほどに甘みが口に広がります。美味しい。

たっくんは朝起きて、ゲソのバター醤油炒めを食べました。

こんなド素人に釣られたイカさんたち、どうもありがとう。

そして、夜中に起きて、持ち帰ったイカをすぐにさばいてくれた妻にも感謝。

初めてのいか釣りは消耗しましたが、とても楽しかったです。

道具などもすべて用意してもらったので本当に釣るだけでしたが、ひとつ良い経験ができました。

広告を非表示にする