サポカー、サポカーSは要らない。

画像はさんです。

撮影会ではありません。

画像転載禁止。

ダイハツの軽自動車を2台、それぞれ18年と12年になってしまい、

そろそろ買い換えようと思う。

ただ、サポカーとかサポカーSと言われる自動ブレーキ車ばかりで買いたくない。

今のっているのはABSがついていて、雪道やアイスバーンでABSが働くと、直後しばらく通常の路面でも非常に止まりにくくなる。

販売店にいっても何の対応をしてくれない。

ABSがついてない車ならこんなことはないはずた。

私の車はブレーキを踏んでもブレーキがかかるとは限らないのだ。

ABSがうまい具合に働けばいいのに、そうはいっていない。

ダイハツでなくダメハツだからしかたない。

現在は、トヨタの完全子会社だから、もっと悪くなっているだろう。

サポカーだと、衝突しそうなら勝手にブレーキがかかる。(うまくいった場合)

サポカーSだと、アクセルペダルを踏んでも加速しない。(うまくいった場合)

昔、トヨタのクレシーダ(マーク2、チェイサー、クレスタの輸出用車)が、オートクルーズの故障でどんどん勝手に加速するのがあった。(ちなみに。ブレーキ踏んでも加速する。)何かにぶつかれば大破して止まれる。

同じ頃に、日産とワーゲンとの共同開発のサンタナにも同様の不具合があった。

ブレーキペダルを踏んだら制動がかかり、アクセルペダルを踏んだら加速する当たり前の車が欲しい。

スイッチでなく物理的につながってほしいのだ。

キャストを代車で乗らせてもらったら、スマアシは全くやくたたずだった。

晴れた昼間、直線の道、ラインがはっきりしてないと、はみ出てもスマアシは教えてくれない。

夜、夕方はダメ。

僅かでも曲がった道はダメ。

線が薄いとダメ。

普通のまともな車が欲しい。

今日のクエスト順位です。

ピグライフへ

こんばんワンhmasa8843で〜す。

昨日の鹿児島は、晴れの暑い一日でした。

今日は暑くなければいいですね。

熱中症に気を付けなければいけませんね。

ここからが本題です。

昨日から新しいクエストが始まりました。

今日のクエスト順位です。今日は頑張って、30000位代に落ち着きました。

明日から上昇するか、下降するかわかりませんね。

最終的にはまた、50000位前後になるでしょうが、

出来るだけ頑張りたいです。

それでは今日は、まったりと過ごしたいです。

イタメくんのTwitterから。

こんにちは

あ、すいません。これは、前のでした。イタメくんのTwitterからでしたわ。ひとネタ。

おひるのひとネタ。有名なベルギーの小便小僧は、14世紀のジュリアンという少年がモデルらしいよ。敵が爆弾を仕掛けたときに、彼が爆弾におしっこをかけて火を消したその勇気をたたえて作ったんだって。おてがら〜。

あ、これは、実は、本当かはまだ、わからないそうなテレビで見たらの話ですが

もし、本当だとしたら、すごい話ですわ小便小僧の話は

Candyからの投稿

たまには

久々に書いて見ました僕は、ドラクエイレブンに夢中ですガンガンレベル上げて装備も整えて頑張ります(^○^)

広告を非表示にする

良い天気

久々に良い天気。

姉を空港に送り、そのあとゆにガーデンへ。

帰りは花茶ジェラートいただきました。

広告を非表示にする

奇跡の島、ミクロネシア連邦のジープ島に感動!

おはようございます。

誰もがいつまでも若しく

美容教授の杉山です。

一昨日の夜、録画して観た未来世紀ジパング

そのオープニングで取り上げられたある島に魅入ってしまいました。

その島の名は、

ジープ島

ミクロネシア連邦にある日本人限定の島だそうです。

何か、観ていて現代の便利さも忘れさせてくれる。

そして、深海の光のカーテンや夜空の光景等の素晴らしい場面。

まさに奇跡の島と言う名に相応しいですね。

番組では素晴らしい数の光景を紹介されてました。

あと、ふと思った事。

この様な島で一時でも過ごしたなら。

恐らく若しさも戻ってくるのではないでしょうか。

誰もがいつまでも若しく老け顔対策はお任せに美容教授杉山

ほうれい線対策ほうれい線を薄くする効果あり!

愛用されて10年の信頼と実績!

安心安全貼るだけとっても簡単

使用後もひじやかかとのケアにも最適!

詳しくはこちら

美shopスタイルランドへはこちらから

ご注文は24時間可能です

お客様のお声お手紙

読者登録はこちらから

美容教授のメルマガ登録はこちらから

お問い合わせはこちらから

電話0587941007

ゆりかごのうた

お正月以来の親子水入らずの夕餉。

鮎の塩焼き、冬瓜としめじのスープ、胡瓜の酢の物、たこ飯…どれもおいしかった。

22:00前に床に入り、やがて隣から聞こえてくる母の寝息を聞きながら、ふと思った。

こうして80歳近くなった母と枕を並べ、眠ることって、あと何回あるのだろう。

来年のお盆は?

再来年のお盆は?

私が幼かった頃、母はよく「ゆりかごのうた」を歌って寝かしつけてくれた。

ゆりかごの うたを

カナリヤが うたうよ

ねんねこねんねこ ねんねこよ

まどろみの中で、涙が一筋、流れて落ちた。

-----

お盆休みということで、ご実家へ帰省されたり、ご家族や大切な方とお過ごしの方もいらっしゃることと思います。

そんな皆様のかけがえのない人と過ごす時間が、一秒でも長く続きますように。

広告を非表示にする